2019年度牡馬クラシック

2018年2歳牡馬のGI戦線

2歳牡馬のGI戦線に出てくるような馬たちをチェック。
主要なレースや強い勝ち方をしたレースなどを随時追加していきます。

函館2歳ステークス

2018/7/22

中団で競馬を進めたアスターペガサスは最終コーナーで進路が狭まる不利の中、強引に馬体を捩じ込み進路を開けると残り200mから大外を猛追する。 ゴール直前で先頭のラブミーファインを捉え、ハナ差で勝利した。鞍上の小崎騎手はこれが重賞初制覇となった。

京王杯2歳ステークス

2018/11/03

牝馬のアウィルアウェイが1.7倍で1番人気、小倉2歳Sを勝っているファンタジストが3.7倍の2番人気。 ファンタジストは中団、アウィルアウェイは後方から進める。 最終コーナーに入り2頭とも内に進路を取ると直線残り400mで両頭が仕掛ける。 一瞬早く仕掛けたアウィルアウェイがファンタジストに並びかけると、2頭の叩き合いとなる。 残り200mでファンタジストが僅かに抜け出したが、アウィルアウェイが食い下がり再び並んだところでゴールイン。 この勝負を制したのはファンタジスト。アウィルアウェイはハナ差で2着となった。

デイリー杯2歳ステークス

2018/11/10

出走馬中唯一となる2戦2勝馬のアドマイヤマーズが1.8倍で1番人気。 アドマイヤマーズがスタートからハナを切りペースを作ると、例年同様にスローペースの展開になった。 直線に向かうと共に逃げていたメイショウショウブとの一騎打ちとなり、後続を4馬身以上引き離す。 ジリジリと前に出るアドマイヤマーズがゴール手前でさらに足を伸ばし、メイショウショウブを引き離して勝利した。

▲上へ戻る